今日の料理釣関連お絵描き小さな旅PC&ソフト流木未分類
小さな旅の思い出・今日の料理の紹介・趣味の魚釣り
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.21 Fri
どうやら干物にできそうなサイズの鯵が釣れました
毎年11月くらいに夜釣りで良型の鯵が入れ食いのはずなんですけど
今年は一ヶ月遅れで釣れるようになりました。でも数はすくなめです
さっそく干物にしようと思います

DSC03505.jpg
20~26cmの鯵11匹


<今回の仕掛け>
釣竿:硬調5.3m延べ竿(SHIMANO製 天平)
道糸:2.5号4m(ナイロン)
ハリス:1号 2.5m(フロロカーボン)
ウキ:発泡流線5号4連+ケミホタル
ガン玉:なし 矢引きの位置にケミホタル1個
釣針:がまかつチヌ針2号(黒色)
付餌:オキアミL(蜂蜜+アミノ酸+不凍液に漬けて自作)
撒餌:なし
2007.12.16 Sun
日曜日(12月16日)に釣った釣果です
天気も良く風もあまり無い日だったので久々に延べ竿で釣ったのですが
小鯵1、メバル2、ハゼ3と大物は釣れませんでしたが晩のオカズにするには
十分な量です。

DSC03499.jpg
ちょっと寂しい釣果

DSC03502.jpg
さっそく唐揚げにして食いました

<今回の仕掛け>
釣竿:硬調5.3m延べ竿(SHIMANO製 天平)
道糸:2.5号4m(ナイロン)
ハリス:1号 2.5m(フロロカーボン)
ウキ:発泡流線5号4連
ガン玉:なし
釣針:がまかつチヌ針2号(黒色)
付餌:オキアミL(蜂蜜+アミノ酸+不凍液に漬けて自作)
撒餌:NORI氏が撒いてましたが離れた所で釣っていたので効果は無かったと思われ
2007.12.10 Mon
今年は残暑が厳しくて水温が異常に高かったせいなのか
夏が過ぎて釣果が出ずにもんもんと過ごしてたのですが
久しぶりに30cm越えのキビレが釣れました
今回は風が強かったので延べ竿での釣は諦めてリール竿で釣りました
4時くらいから釣行開始してからNORI氏が20cmくらいのメイタを数匹釣ってましたが
自分は小鯵が1匹釣れただけで餌を取られるばかり・・・ (魚は居るって事ですね)
夕方6時くらいに今回の最大の34cmが釣れたのですが、その後はさっぱりダメで8時に納竿

DSC03484.jpg
  キビレ34cm

DSC03488.jpg
今回は塩焼きにしました

塩焼きは20~25cmくらいのサイズが良いですね
焼網が小さかったので焼くのに苦労しました(;><)

<今回の仕掛け>
釣竿:ダイワ ILプログランド磯1.5-53(中通し竿)
道糸: (VARIVAS) VERMAX磯 ゼロフカセ 2.5号
ハリス:  GOSEN製フロロファイターROOTS1号3m
ウキ:中通し円錐電気ウキ0号 (メーカー:釣研)
オモリ:ガン玉なし
釣針:がまかつ製チヌ針競技用2号
付餌:マルキュー くわせオキアミスーパーハードLL
撒餌:同行したNORI氏が撒いてたので不明
2007.10.03 Wed
例年に比べ水温が高い為タチウオの接岸率が低いように思うが
とにかく釣れたので報告

DSC03376タチウオ2

DSC03374タチウオ塩焼き
塩焼きにして美味しく食べました


<<今回の仕掛 >>
とにかくタチウオは凶暴な魚なので動く物には素直に反応する魚だ
その特徴を生かして下記のルアーと餌釣の中間的な仕掛で挑んだ

タチウオ仕掛1この仕掛けのポイントは餌さと仕掛けでウキがジワリと
沈むように設定するところにある

餌+ワイヤーハリス+針+サルカンでおよそ0.5号くらいである
それに合わせてウキをチョイスしましょう
(基本的にガン玉の必要は無い)



まずウキ下は竿1本から始めて、餌がジワジワ沈んでウキが沈んだら
ゆっくり仕掛けを引いて餌を浮上させたら仕掛けを緩めて沈める
コレを繰り返しながら足元まで探る
つまりモイカ釣のエギングの動きと同じである

多くの魚と同じでタチウオも上から落ちてくる餌には弱いようで
仕掛けが潜行する時に食いつく場合が多い
仕掛を引くときに重さを感じたら暫らく待ってゴツゴツっと
当たりが来たら合わせよう
2007.09.18 Tue

去年も居たけど今年は昼に見る事ができたので撮影してみた
幅は1メートルくらいあって間近で見るとエイリアンである(エイだけに・・)
一般的には群れで行動しているのだが、こいつは単独で港内をうろうろしている
毎年来ているので迷って来たとは思えない節が有る

20070918015037.jpg20070918022604.jpg
ウキ桟橋の縁に付着してるイガイをモシャモシャ食ってる
目がエイリアンみたいで怖い・・


20070918022950.jpg20070918015117.jpg
少し食っては子分どもを引き連れて去っていくが、しばらくすると戻ってくる


20070918015104.jpg
ナルトビエイは主に熱帯から亜熱帯な海域に生息しているが
近年有明海でも大量に出没してアサリやタイラギ不漁の一因ともされ
食害防止に県も乗り出しているらしい

魚釣りの邪魔になるから個人的にも迷惑な奴なのだが・・・
長い尾の付け根にある尾棘には毒があり、刺されると激しい痛みをともなうので
釣り上げようと思わない方が賢明である
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。