今日の料理釣関連お絵描き小さな旅PC&ソフト流木未分類
小さな旅の思い出・今日の料理の紹介・趣味の魚釣り
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.29 Tue
DSC01553.jpgDSC01530.jpg
空を見上げるとどんより曇り空…
降るだろうなあと思いつつバイクでゴー!(俺はアフォかw)

DSC01512.jpg
山の中でも流木も外しません


DSC01475.jpg
明磧橋から由布院まで40km
出発早々出鼻を挫かれる様に夕立でずぶ濡れw
バイク乗りに夏の雨なんてぜんぜん無問題なのである( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \
夏の夕立くらいで合羽なんか着る奴は女かガキくらいだぜ


DSC01479.jpgDSC01482.jpg
DSC01480.jpgDSC01478.jpg
30分も走れば服も乾いて気分最高!アクセル全開!!
(とは言っても原チャリに毛が生えたくらいしかスピード出ませんけど)

DSC01483.jpgDSC01486.jpg

DSC01487.jpgDSC01485.jpg
牧歌的風景を横目で見つつ目的地に向かってひた走るのであった

DSC01489.jpgDSC01491.jpg
湯布院道の駅でちょっと休憩、店の前に有った寒暖計の気温は25~26℃
さすが高原って所は冷房要らずの所である。冷えた体を温めようと思い
熱い缶コーヒーを探すが流石にこの季節には無さそうだ

DSC01498.jpgDSC01493.jpgDSC01495.jpg
DSC01501.jpgDSC01507.jpgDSC01502.jpg
玖珠まで来るとさすがに気温は30℃くらいに上がり俺の体温も上昇してきたので
川原に降りて涼を楽しむ、川を伝ってくる風が実に心地よい

DSC01514.jpgDSC01508.jpg
DSC01510.jpgDSC01512.jpg
おお!こんな渓流にも流木が有るではないか!

DSC01520.jpgDSC01519.jpg
石造りの貴重な橋発見!


DSC01523.jpg
ここにも貴重な石橋が!

DSC01528.jpgDSC01530.jpgDSC01534.jpg
こんな所にも石橋が有るではないか!大分って凄いよマジで、宝の宝庫じゃないか
橋マニアにはたまらん映像ですなあ(いつから橋ヲタになったんだよw)

DSC01537.jpg
折り返して湯布院へ向かう途中水分峠でちょっと休憩
この辺りで気温が26℃くらいと思う、バイクで走ってると体感温度は20℃くらいか

DSC01539.jpgDSC01540.jpgDSC01541.jpg
そんなこんなで湯布院に到着
賑やかな町になったもんだ

DSC01546.jpgDSC01545.jpg
俺にとって湯布院といえば骨董品なのである
無造作に雨晒しで積み上げているが中には凄いお宝も眠っているのである
しかしこの店のおやじはなかなかの目利きなので侮れない、これいくらと聞くと
ズバリ良い値を付けてくる(かといってボッタクリではなく良心的な価格である)
流石としか言いようが無い、凄いよおやじ

こんな店が他にも数店あって結構楽しめるのである、骨董&古美術に興味が有るなら
湯布院に来た際にはぜひ寄って見て下さい、オススメです

DSC01544.jpgDSC01542.jpgDSC01543.jpg
目指すお宝もゲットしたので帰る事にした

DSC01547.jpg
由布岳を撮影したが雲が掛かって頂上が良く見えない

DSC01549.jpgDSC01548.jpg

DSC01552.jpgDSC01551.jpg
別府方向の雲がかなり怪しい状況である
これはまた降られるかな・・・


DSC01557.jpgDSC01558.jpgDSC01559.jpg
途中の展望台でイナゴライダーと遭遇した、まだ若くて元気そうである

DSC01554.jpgDSC01553.jpgDSC01555.jpgDSC01556.jpg
湯布院の町を一望する大パノラマ

DSC01561.jpgDSC01564.jpg
状況ガス!
城島高原を過ぎた辺りから濃霧発生、これはもうダメかもしれんね
どうにか雨に降られず別府市内まで辿り着いた

DSC01565.jpgDSC01566.jpg
さすが別府である、なんの変哲もない空き地の地面からモウモウと湯煙が出ている

DSC01567.jpgDSC01571.jpgDSC01570.jpg
町の至る所から湯煙が出ているのを見ると別府は温泉街なのだなと改めて気付く

と、ここでカミナリを伴う凄い夕立がキタ━━━━ヽ(゚Д゚;)ノ━━━━ !!!!
急いでデジカメをリュックの中にしまい込み猛ダッシュで逃げるように岐路についた
(てな訳でこの先画像はございません)
ほんの30秒でパンツの中までグショグショずぶ濡れ、前が見えないくらい降ってきた!
本屋さんの軒先を借りて雨宿りするも雨の勢いは一向に収まる気配が無い
まるでバケツをひっくり返したような雨とはこの事を言うのだろうってくらいに降ってる
20分くらいして雨足が少し弱まってきたので愛馬ロシナンテに跨りいざ出発
ビシビシと体に当たる雨が痛いと思ったのは久しぶりである
家に帰り着くまでこの調子で雨が降ってさすがに体が冷え切ってしまった
急いで風呂沸かしてホッと一息、風呂から出る頃には雨は止んでいた

まあ、なんのかんので楽しい旅でした、お宝を撫で回しながら茶をすすってこの旅はおしまい
え?「お宝って何?」って、それはまた次のページで・・・ ノシ
ぼるじょあ
ツーリング乙!俺もスーパーカブで四国にツーリングしたことあるけどドライブと違う楽しみがありますね。途中道草しやすいしw
2006.08.31 Thu 19:36 URL [ Edit ]
スーパーカブは名車ですね~
あんな丈夫なフレームと超低燃費なエンジンは他に無いです
あれなら何処でも行けそう
やっぱり旅にはバイクですね、車だとノロノロ走ってると後ろから煽られて目的地まで
ノンストップとかなってしまうけど、バイクならマイペースで走れるし道の脇に寄せて写真撮れるし
今回みたいに買物がメインでもバイクだと買い過ぎる事も無いしw
2006.08.31 Thu 22:47 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://oekakideketa.blog58.fc2.com/tb.php/61-6ab62416
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。