今日の料理釣関連お絵描き小さな旅PC&ソフト流木未分類
小さな旅の思い出・今日の料理の紹介・趣味の魚釣り
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.12 Thu
サーターアンダーギーとは沖縄の言葉で「サーター」は砂糖、「アンダー」は油、「アギー」は揚げで
合わせて「砂糖天ぷら」を意味する砂糖を多めに使用した球状の揚げドーナツである
中国の菓子で「開口笑」(カイコウシアオ)と呼ばれる良く似た物がある、材料や作り方に類似する点が多く
「サーターアンダーギー」と「開口笑」の違いは大きさと胡麻がまぶしているかどうかの違いで
おそらく中国から沖縄に伝来して現在の形になったと思われる
砂糖を多く使用して中まで低温でじっくり揚げるので日持ちが良いので一度に沢山作る事が多い
砂糖は黒砂糖か上白糖を使用する場合が有り、それぞれ呼び方が異なるらしいのですが
詳しい事は分かりません・・・(-.-;)

20070712193457.jpg

<材料>     
卵・・・・・・・・・・・・・・・2個
砂糖・・・・・・・・・・・・・130g(今回は上白糖と使用しました)
薄力粉・・・・・・・・・・・200g
ベーキングパウダー・・・小さじ1.5
サラダ油・・・・・・・・・大さじ1
揚げ油・・・・・・・・・・・適量

<作り方>
下準備で薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、ふるっておく
卵を割りほぐし、砂糖を加えて泡立たないようにしっかり混ぜる
それに薄力粉を加え、粉っぽさがなくなる程度に木ベラ等で良く混ぜ合わせる
けっこう粘り気が有りますので生地を手で混ぜると大変な事になりますから要注意
最後にサラダ油を加えて混ぜ合わせる
(サーターアンダーギーの生地には水は入れません)

生地が完成したら揚げに入ります
まずは生地がくっ付かないように水で掌を濡らしてから生地を丸め取り
直径3cmくらいに丸め160度くらいの低温でじっくり揚げます
浮いて割れ目ができ、全体にキツネ色になったら、引き上げ油を切る
揚げ具合が分らない時は竹串などを刺して生地が付いてこないか確かめれば良いと思います

<盛付け方>
適当な皿に積み上げて完成です、特に何か掛ける事は有りませんが
お祝いの時などは下に「カタハランブー」と呼ばれる小麦粉を塩と水だけで
捏ねた片側が膨らんだ天ぷらの衣だけの様な平らな揚物を敷く事があります
テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ
今日の料理    Top↑
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。