今日の料理釣関連お絵描き小さな旅PC&ソフト流木未分類
小さな旅の思い出・今日の料理の紹介・趣味の魚釣り
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.02 Fri
延べ竿では小物釣り(最大40cmくらい?)が主体になるのでこんな感じの仕掛けを使ってます
細仕掛けですので竿の力で糸切れを耐え凌ぐ事になりますので腰が柔らかく張りのある渓流竿を使用します
常に魚の重さを胴に載せる感じで魚に反撃の間を与えないようにやりとりして寄せましょう
磯竿等の硬い竿だと魚が掛かった時の瞬発的な力で糸が耐えられずハリスが切れます
(リール竿ならドラッグ調整で耐えられるんですけどね…)

20070202191751.jpg
昼または常夜灯の下で明るい時に使う仕掛けです
直線になるように仕掛けを打ち込んだ後はウキにテンションが掛からないように竿を操作する
ウキを引っ張ったり誘いを入れたりしてテンション掛けると餌の動きが不自然になって
食いが極端に落ちますので潮流や風に逆らわず自然に流れる様に心掛けます

20070202191739.jpg
真っ暗闇で使う仕掛けです
ケミホタルは状況に応じて付けたり付けなかったりです
暗い所は大物も大胆に食ってきますので1ランク太めの仕掛けにした方が無難です
ウキの扱いは昼の仕掛け同様にテンション掛けない様にしましょう

以上
見ての通り軽い仕掛けなので風は大敵です、風が無い日か風裏になる様な場所で
釣らないと仕掛けが吹流し状態になって手返しが悪くなります

それから・・・
かなり異端な仕掛けですので周りから奇異の目で見られる事請け合いですw
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。